乾燥をしっかりケア|肌を守りたいなら保湿効果を期待できるスキンケアを行おう
女の人

肌を守りたいなら保湿効果を期待できるスキンケアを行おう

乾燥をしっかりケア

女性

疲れを癒すお風呂ケア

乾燥に悩む40代の生活の中心は仕事で、乾燥する秋冬の季節は潤いが失われやすく、また血行不良で皮脂不足が加速してしまいます。さらに特徴的なのは静電気が乾燥肌を招くケースで、刺激が皮膚表面を傷つけてしまう場合もあります。40代のスキンケアでは、疲労回復にも繋がる入浴に重点が置かれているのも特徴で、美容エッセンス入りの入浴剤やバスソルトなどの化粧品にこだわる女性は増加傾向です。ですが、熱過ぎるお湯に長時間浸かることは肌表面の皮脂を奪ってしまいやすく、ふやけた肌から水分が逃げてしまうため、長風呂はぬるま湯が鉄則です。湯上がり前で、タオルドライする前のスキンケアがポイントで、乳化するまでオイルを肌に馴染ませることで血行も促し、身体の内側から冷えも緩和できる利点も挙げられます。

薬用だから効果的

加齢で肌の潤い保持に必要なセラミドや皮脂量が減ることで乾燥を引き起こしますが、意外と見落としがちなのは足の乾燥です。特に40代以降からは潤うより乾燥肌に移行しやすく、スキンケアにこそ重点を置くことが大事です。かかとのひび割れ・粉ふきなど、美的にもマイナスな印象を与え、スキンケア不足で痒みを生じる場合もあります。ビジネスウーマンの40代では、ひび割れかかとでストッキングを伝線させる失敗談も多く見聞きされるほどです。スネ・かかとは皮脂腺も少ないため、必要な油分を補う化粧品を用いるのがポイントです。馴染みやすくて支持されるのが、尿素配合の薬用クリームで、膝・かかと・スネなど、軟化作用でゴワつく皮膚を柔らかく、滑らかに整えると評価されています。薬用なので、カサつきや痒みによる肌荒れも防ぐことができ、かかとケアカバーなど、靴下やサポーターも人気が高く、さらなる保湿効果が期待できます。